読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紛争に巻き込まれたジャーナリストたち 「5デイズ」

北京オリンピックで世界が盛り上がっている2008年、ロシアがジョージアに侵攻した南オセチア紛争を描いた作品です。

恥ずかしながらこの映画を見るまで南オセチア紛争のことはよく知りませんでした。


2007年、イラクで恋人を失ったジャーナリストのアンダースは1年後、再び戦場取材に戻ることを決意。グルジア共和国の首都トビリシに降り立つ。ロシア軍の空爆に巻き込まれたアンダースは、非武装地帯への空爆を告発しようとするも、世界は北京で開催中のオリンピックに夢中で、この事態を伝えようとするメディアはおらず……といった物語です。


なかなかスリルのある作品で楽しめました。取材中に紛争に巻き込まれるうえに、ジャーナリストなので戦闘能力はもちろんありません。自分なら隠れつつ逃げるだろうな…笑

ジャーナリストの取材魂というか情熱は素晴らしいですね。私なんて仕事に情熱なんて全くないですから…


社会派ドラマですが、緊迫した場面も多いのでハラハラするような作品が好きな人も楽しめると思います。気になった方はチェックしてみてください。